私が何故クレジットカードの審査に通らないのか理由が知りたかった!

このサイト【クレジットカード審査の神様】では、本サイト管理人が自分がクレジットカード審査に落ちて、何度再審査してもクレカ審査に通らない事からカード会社勤務の友人・消費者金融(サラ金)の元店長・書籍(本・雑誌)・インターネットでのクレジットカード審査のアンケートにより得た情報をまとめたものです。

 

私は何故クレジットカードの審査に落ちるのかその理由が知りたかったのです。

 

落ちる理由が解らないと対策の取りようがありませんので。

 

クレカの審査基準・個人信用情報の開示・と審査なしのクレジットカード・審査の甘い(ゆるい)クレカなど、

 

徹底的に調べていますので、私と同じで、クレジットカードの発行に失敗(審査落ち)して再審査も通らないって人はぜひこのサイト【クレジットカード審査の神様】をご覧ください。

 

 

管理人の私が助けられた超おすすめサイトはこちらです。

 

↓↓↓↓↓

 

ANAアメリカンエキスプレスカード申し込み|審査・口コミ・メリット全集!

クレジットカードの審査とは?審査基準の謎!

クレジットカードの審査とは?

 

審査基準が知りたい


クレジットカードの発行申請をした時に、結果が出るまでヤキモキしてしまうことは少なくないでしょう。
何故ならば、どのような基準でクレジットカードが発行されるかどうかの審査基準が原則非公開となっているからです。
どんな理由で、自分がカードが発行されるかどうかがわからないということもあり、それがヤキモキの原因となってしまうのです。
また、非公開の情報と知れば、どんな方法でそれがなされるのかについて、余計に知りたいというとになるでしょう。


審査の難易度にはバラツキがある


あるクレジットカードは発行してもらえたのに、このカードは発行されなかったということが、同一の人でも起こることは良くあることです。
それは、上述した通り、発行可否の判断が、各クレジットカードによって異なるからです。
その難易度はたとえ同じスタンダードレベルのカードであっても、バラツキがあることには、周知の事実のようです。
あるカードでなければ申し込みたくないというような、限定的な理由がないのであれば、発行してもらいやすいカードに申し込むという選択もあるでしょう。


ブラックリストに載っているとは限らない


カードの審査に落ちてしまうと、一番の心配になってくるのは、自分がブラックリストに載ってしまっているのではないかということでしょう。
審査に落ちたという事実は、やはり気持ちの良いものではない上に、基準が明確でない分、自分であれこれ詮索して心配になることでしょうが、そこで大切なのは深く悩まずに、このカードとは縁がなかったんだな、ということお受け止めてみることです。
それ以上でも、それ以下でもありませんから悩むのは得策ではありません。


総量規制について考える


それでも、どうしてカードが発行されなかったのかを知りたい場合には、回答がもらえないことをある程度理解した上で、クレジットカード会社に電話してみるということです。
その際に答えは明確に向こうから提示してはもらえないのですが、他社との限度額が総量規制にひっかかってしまっていますかね?
と聞いてみると、そういうこともあるかもしれませんという形で理由が暗示してもらえるかもしれません。

 

 

 

クレジットカードの審査の謎

 

審査ってどうなってるの?


クレジットカードの審査を依頼していたところ、予想外に落ちてしまって落ち込んでしまうという経験は、多くの方がされていることでしょう。
しかも、あるクレジットカードは発行されているのに、一般にそれよりもメジャーではないカードで発行できないことを知ると、自分はどうなってしまったんだろうかと不安になってしまいますよね。
特に、これまで支払いも延滞したこともなくて、ブラックリストに載っているはずはないのになと疑問が出てくるのも当然のことです。


審査が不安な理由


このような体験は誰にでもあるのですが、そうは言っても、自分自身で納得したくてカード会社に理由を尋ねてみた方も少なくないでしょう。
とはいえ、そのようなアクションは実はあまり意味がないのです。
何故ならば、カードの発行が出来ないという連絡があったとしても、そこには審査についてのお答えはすることができませんという但し書きが必ずついているからです。
基本的には、どのような基準でカードが発行されるかどうかについては、非公開なんですよね。


総量規制について考えてみる


とはいえ、どんなカードでも共通して審査されていることが明らかなのは、総量規制という法律の基準です。
これは、年収の何倍までしか、クレジットカードの与信枠を持つことができないという規定で、消費者がカード利用によって自分自身の財政が破綻してしまわないように規定が設けられているのです。
そういう意味では、自分の審査がうまく通らない時には、カードの利用限度額が合計いくらになっているのかをチェックしてみましょう。


限度額は必要以上に大きく設定しない


クレジットカードの審査にきちんと通りたいと思えば、自分自身のクレジットカードの限度額が無駄に大きくないかを調べておくようにしましょう。
自分の予定外に高額の限度額が設定されていることがわかったら、カード会社に連絡をして限度額を引き下げるということをしておくと、将来別のカードを持ちたいと思ったときでも、きちんと発行してもらえる可能性が上がることでしょう。

 

クレジットカードの審査に落ちて通らない理由まとめ

クレジットカードの審査に通らない理由

 

審査に通らないのには原因がある


クレジットカードを作ろうとして申込をしたのに審査で落とされてしまった、そんな経験がある人は少なくないでしょう。
これといって思い当たる節はないのに落とされた、と大抵は考えるかと思いますが、何かしら原因があるから落としたのであって何も理由がなくただ何となく気に入らなかったから、では落としません。
一体何が悪かったのか、その原因を考える必要があります。


書類の不備や会社の基準に達しなかった


審査落ちしてしまった理由としてまず考えられるのは、申込書に記入漏れや嘘の申告があったことです。
しっかり完璧に書いたつもりでも、案外一箇所抜けていたりすることもあり記入漏れで通過出来なかったというのは意外とあることです。
また勘違いで記入してしまったことも嘘の申告として見做されますので注意が必要です。
書く時には不確かなことはきちんと確かめて、書き終わったらよく確認をしましょう。
次に多いのがクレジットカード会社の設ける基準に達していなかった場合です。
どの会社も一定の基準を設けており、それに則して契約を結ぶかどうかを判断しています。
なので年収が低すぎたり勤続年数が短すぎたりなど設ける基準に合致しないと断られてしまうのです。


問題があってもダメ、問題がなさ過ぎてもダメ


ブラックリストに載っていることも通過出来ない要因になります。
カードを作る上で一番大事なことは信頼をしてもらう、ということです。
例えば過去に借金をして延滞したり、債務整理を行って借金を減額させたり免除してもらったりしたことがあるとその記録がブラックリストに載り、断られる要因になるのです。
ちなみに一箇所通らなかったからと複数の会社に短期間で申し込んでいると、それも信頼を落とすので注意が必要です。
逆に全く問題がない真っ白な人も真っ白過ぎて勘繰られてしまう傾向にあるようです。
ある程度の人はクレジットカードを持っていて、それを使ったことがあって当然という見方をしますので、良い歳をしてもクレジットカードを持っていないというのはブラックリストに載ってカードが作れない状態だったからではないかと勘繰られてしまいます。
ブラックリストに名前が載っても一定期間を過ぎれば消えますから、その状態ではないかと疑われてしまうのです。


自分の状況から何処で作るかを考えよう


審査に落ちる要因として考えられるのはこのようなところで、書類の不備や基準が満たない場合は打つ手がありますが、ブラックの人は記載が消えるまで待つしかありません。
今の自分の状況を見て、何処で作るかを検討しましょう。

 

 

 

審査に落ちてしまう理由とは

 

原因があるから審査に落ちる


クレジットカードを作成しようとして一度申し込みをしてみると、審査に通らない事があります。
全く思い当たる節が無いのに審査に通らない場合は、何かしらの原因があるのです。
業者から見て申込みをする人が気に入らないという理由で審査に落とすことはまず有り得ませんし、なぜ落とされたのかその原因を把握しておきましょう。


なぜ審査に落ちるのか


まず申し込みが出来なかった理由の一つに申告する内容が正しく無かったり、また記入漏れが考えられます。
しっかりと記入しても一カ所だけ記入漏れがあったりしますし、嘘の申告をしたところでカード会社の方には嘘であることがすぐにバレるので注意が必要です。
もし申し込みをする際はきちんと記入漏れが無いことを確かめて、申し込みをするようにしましょう。
次に基準に満たなかった事が理由で審査に通らないことがあります。
これはとても多いことであり、会社が設けている一定の基準に満たないのであれば契約することが出来ません。
年収が低かったり、会社で働いている期間が短いと断られてしまうケースがあります。


問題があると審査に通らない


そして過去にトラブルを起こしてブラックリストに載っているとクレジットカードを作成することが出来ません。
やはりカードの作成は会社に信用してもらうことが大事なので、例えば莫大な借金を以前していて返済しないままだったり、債務整理をした経験があると申し込みを断られてしまうことがあります。
他にも複数の業者に申し込みをしていると信頼を落としてしまうので気を付けなければなりません。
全く問題がない人であれば履歴が真っ白ですが、この履歴が真っ白なのは逆に疑われてしまうこともあるようです。


気長に待つことも大事


このような事が原因でクレジットカードの審査に通らなくなるわけですが、もしブラックリストに載っている方であれば記載が消えるまで気長に待つようにしましょう。
まずは現在の状況を把握することが大事であり、申し込みが出来る状況になればどこでクレジットカードを作成するか検討してみてください。

 

 

 

問題がなくても審査落ちするのは何故?

 

信用情報の確認をしてみること


債務整理などの金融事故を起こしたこともなく、月々の支払いもしっかり守っているのに、クレジットカードの審査に落ちてしまう方がいます。
支払い忘れをしている分割契約もないし、全然心当たりがないという方は、一度信用情報を開示して内容を確認してはいかがでしょうか。


申し込み枚数が多過ぎる場合


クレジットカードの保有枚数は、特に制限されているわけではなく、1人で10枚以上所持している方もいます。
ただし、短期間に申し込んだ枚数が多過ぎると、いわゆる申し込みブラックという状態になっている可能性が高いです。
一度に何枚も申込手続きをすると、審査時に信用情報を見たカード会社側に、お金に困っていると判断されてしまい、否決になってしまうことがあります。
2、3ヶ月の間に申し込む枚数は多くとも2枚までとするのがおすすめです。
申し込みの記録は6ヶ月間記載されますので、消去されるのを待ってから申し込むようにしましょう。


短期間で解約することが多い場合


取引先に頼まれてノルマなどのために、短期間加入を頼まれることもあるかと思われます。
クレジットカードには、新規作成キャンペーンを設けていることもあり、申し込みから規定の期間内だけポイントがアップして現金の還元率が上がるなどの特典がつくことがあります。
加入期間が記載されますので、短期解約の数があまりにも多いと、キャンペーン目当てで加入するとみなされ、どうせすぐ解約するだろうと誤解されて審査に通りにくくなることもあるのです。
必要なカードをできるだけ長く使い、良好な利用歴を重ねる方が有利になる傾向が見られます。


属性に全く問題ないのになぜ落ちるの?


中には、高収入で有名な企業にお勤めの方や、安定した公務員であってもクレジットカードの審査に落ちる方がいます。
属性に問題なく、むしろ安定していると考えられるのに何故でしょうか。
それは、会社側が考える顧客層に合わない可能性があります。
高い属性の方は、ある程度の年収を満たしている方しか加入できないカードなどを取得している場合があり、新規に加入するクレジットカードよりもそちらを優先して使うので、あまり利用してもらえないのではと判断し、審査に通りにくいことがあります。
特にスーパーやコンビニなどの若年層や主婦層が利用する会社が発行している場合には、通りにくい傾向があると見られています。

 

 

 

クレジットカードの審査では何を見ているか

 

属性を見られる


上手に利用する事でお得になりますので、クレジットカードを使いこなしたいと思っている方もいるでしょう。
まずは審査に通過しなければ持つ事ができないのですが、どのような点を重視して見ているのか気になるものです。
中でも属性はしっかりと見ていて、もしショッピングやキャッシングを利用した時に返済能力がある人なのかどうかという点は見られています。
勤務先や年齢、年収など、総合的に見て判断をします。


信用情報も大切


クレジットカードの契約の中でも一番大切なのは、その方の信用情報です。
まず買い物をする時に本来はその場でお金を払わなければいけないのですが、立て替えて買い物できる仕組みになっています。
その為、しっかりと返済日にはお金を返してくれる方でなければいけないのです。
そこで見られるのが信用情報になるのですが、ここに金融事故を起こしていたり遅延の履歴が残っていると審査落ちになります。
逆に携帯電話の割賦金を期日までに払っている履歴が分かると、良い印象を持たれて通過する場合が多くなります。


問題なければ1週間程度で発行


あらゆる角度から審査を行って、問題のない方だと分かればクレジットカードが発行されます。
そのお店のものにもよりますが、だいたい数日から1週間で発行になるものが多いようです。
ただ急いでいる時などは、即日発行のものを手にする事も可能です。


正社員でなくても通過している方が多数いる


基本的に審査では様々な角度から見られる訳ですが、必ず正社員で年収もしっかりとある方しか持てない訳ではありません。
キャッシングの枠を0円や10万円にして無理のない枠に決めておけば、通過し晴れてクレジットカードを持ている方も多いのです。
申込みをする時には店頭などに行っても良いのですが、インターネットからも気軽にできます。
ポイントが貯まるサイトがあるのですが、ここから申込みをすると後からポイントがプレゼントになりお金に換金する事などが可能です。
ただ申込みをするよりも、ポイントサイトを経由して行うとお得でしょう。

クレジットヒストリー(クレヒス)がスーパーホワイトだと審査が通りにくい?

個人信用情報であるクレヒス(クレジットヒストリー)がスーパーホワイトだと審査が通りにくい?何故落ちる?

 

問題が無いのに審査落ちする


クレジットカードを作ろうとした時、審査落ちをしてしまったというケースは珍しくありません。
過去に借金をして何らかの金融トラブルを起こしている人は落ちる可能性が高くなります。
しかし年齢は30歳、年収も勤続年数もこれといって問題は無い上に借金もしたことが無くクレジットカードも今まで持っていたことがないのでお金のトラブルも無いという状況でも断られることがあります。
全くトラブルがないのに何故落とされてしまうのでしょうか。


問題が無いのがむしろ問題


この何も問題がなく信用情報が全く綺麗な状態をスーパーホワイトと言い、スーパーホワイトの人はカードを断られる傾向にあると言われています。
問題がないのならば良いじゃないかと思うのですが、上記の例では30歳であるにも関わらずカードを持ったことがないのはおかしい、普通は携帯代の支払いなどでカードを使うものだというむしろカードを持っていて当たり前という見方をします。
カードが無くても普通に生活出来るものですが、カードありきの見方で審査をするため落ちやすくなってしまうのです。
特に30歳前後がスーパーホワイトであるがゆえ基準が高くなってしまい一番落ちやすくなる傾向があります。


スーパーホワイトから脱却しよう


とはいえスーパーホワイトでもカードが一切作れないわけではなく、審査の甘いところならばカードを作ることが出来るので、そこに申し込んで実際にカードを作り使って信用情報に使った記録を残していくのも一つの手です。
また、いきなりゴールドカードなどに申し込むのではなく一般枠で申し込んでハードルを下げて挑戦した方が良いでしょう。
ゴールドカードなど特殊なカードになると審査基準は難しくなるので、確実に持つためには通過しやすい段階から始めると作りやすくなるかもしれません。


スーパーホワイトとホワイトの区別が付かないから審査を落とされる


理不尽のように思えますが、カード会社は性悪説で見ていますのでカードを使ったことがないのは何か裏があるのではないかと勘繰ります。
つまり、過去に何か問題を起こして信用情報機関に名前が載った経験があるが時間が経って登録を消された状態なのではないかと考えるのです。
これをホワイトと言いますが、スーパーホワイトとホワイト区別は付かないのでスーパーホワイトであってもホワイト扱いされてしまうために審査落ちしてしまうのです。
スーパーホワイトでなくなれば通過しやすくなりますから、わざとクレジットヒストリーを作っておく方が良いでしょう。

クレジットカードの審査に通る為のコツ(方法)まとめ

クレカ審査通過率アップのためにできる対策

 

審査基準は公表されない場合が多い


クレジットカードの発行を許可するか否かを審査するのは、それぞれのカード会社のシステムやスタッフの方々です。
明確な審査基準は、公表されていない場合が多くなっています。
ですから、ぜひクレジットカードの発行を認められたいと思っても、申込者側はどんな対策をすれば良いのか分からず困ってしまうこともあるのではないでしょうか。


返済をしっかり行って優良なお客様であることをアピール


カードの発行を認められるために大切なことは、簡単に言うと、カード会社にとって優良なお客様であるとアピールすることです。
具体的には、まず、借りたお金の返済をしっかりと行っていくことが重要になります。
カード会社は慈善事業としてお金を貸してくれている訳ではなく、ビジネスとしてお金を貸してくれています。
貸したお金を将来的には回収しきって、利息も受け取ることで、経営を成り立たせているのです。
ですから、貸したお金を返す能力や意志がある人かどうかが入念にチェックされることになるのです。
他のキャッシングサービスの返済で延滞や滞納を起こすと、信用情報にキズが付いてしまいカード発行を認められづらくなってしまうので、気をつけましょう。


キャッシングサービスの利用履歴がないのも問題


ちなみに、キャッシングサービスを利用して事故を起こしてしまうのも問題ですが、逆に、キャッシングサービスを全く利用していないのも問題視される場合があるので注意が必要です。
キャッシングサービスを利用したことがないということは、利用した際にきちんと返済をしてくれるのかどうかが未知数であるということだからです。
10代や20代など比較的若い年代であればキャッシングサービスの利用経験が過去に無くても問題ないと判断されることが多いですが、30代、40代になると問題視されることが多くなります。
なので、若いうちからキャッシングサービスの利用を始めておくのが良いでしょう。


申し込み書類やフォームに丁寧に記入をして心証アップ


キャッシングサービスの利用履歴については今すぐに変化させられるものではないから、現時点ですぐに行えるような対策が知りたいという方もいらっしゃるかもしれません。
そういった方には、申し込み書類やフォームへの記入を丁寧にするよう心がけることをおすすめします。
回答必須の欄だけではなく任意回答の欄についても可能な限り埋めるようにしたり、手書きの場合は字を丁寧に書くようにしたりするのです。
それだけでも、申し込みを受け付ける側の心証が良くなり、審査に通過しやすくなると期待できます。

 

 

 

クレジットカードの審査を通すコツ

 

事前に特徴や方法を確認しましょう


クレジットカードを利用するためには必ず申し込みをしなければいけません。
申込書ひとつでクレジットカードを利用できるかが判断されてしまいます。
そのため、きちんと審査が通り利用できるかどうか不安という方は、事前に特徴や方法をチェックしておくと安心です。
なかには、審査が甘いカードもあるのでチェックしてみることをおすすめします。


審査の流れ


まずは流れを確認してみましょう。
クレジットカードを発行したい方が申し込みを行うことで審査が行われ利用できるかが決まります。
資産や資力、性格などをチェックされて利用できるかが決まることが多いようです。
職業や年収、勤務先、勤続年数、雇用形態、借入額などを確認して安定した収入があるかを判断されます。
また、返済を滞納することなく行えるかを判断することもあり、過去5年間の支払いの延滞がないかをチェックされます。


資産も重要なポイント


資産を確認することもありますが、自宅などの不動産を所有している場合、返済時の担保として考えることも可能な為、審査が通りやすくなるというメリットがあります。
また、居住形態や居住年数も重要なチェックポイントです。
クレジットカード発行を可能にするためには、安定した収入があるのはもちろんのこと勤続年数や居住年数が1年以上であることも重要です。


携帯電話の支払いも要注意


クレジットカードの発行をするためには、携帯電話の支払いなども大きく関わっているので注意しましょう。
例えば、携帯電話の支払いが延滞してしまうと延滞情報に記録されてしまい審査が落ちてしまうこともあります。
その為、携帯電話の支払いにおいても延滞しないように気をつけることが大切になります。
また、申込書に嘘の情報を書いてはいけません。
嘘を書いてしまいばれてしまった場合、評価がマイナスになってしまうことは言うまでもありません。
最も利用しやすいのが、流通系や産業系のカードです。
これらは緩いと言われているので利用したい方はチェックしてみることをおすすめします。

 

 

 

クレジットカードの審査に通るには

 

便利なクレジットカード


クレジットカードを持つと現金を持たずに買い物できたり、分割払いができたりととても便利です。
最近のカードはポイントサービスや割引サービスが受けられ、現金で買い物をするよりもお得になることがあります。
1枚持っているだけでも便利なのですが、こうしたお得なサービスを受けるために、買い物する場所に合わせて複数のカードを使い分けている人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードは私たちの日常の買い物になくてはならない存在になっていますね。


クレジットカードを作るとき


クレジットカードを作るとき、まず申し込みをする必要があります。
それからカード会社に審査され、それを通るとクレジットカードが使えるようになるのです。
では、いったい何を審査されるのでしょうか。
まず一つ目は、信用です。
カードを使用する本人が信用できる人間なのかどうかということです。
二つ目に収入です。
支払いができる収入があるのかチェックされます。
三つ目に資産です。
どんな家に住んでいるのかなどチェックされます。


審査基準


信用という点では、ほかのクレジットカード会社や銀行などに支払いが延滞している記録がないか調べられます。
過去に未納、延滞がある人は注意です。
収入という点では、申込書に書かれた勤務先と申告した年収などを照らし合わせて調べられます。
一定の安定した収入が1年以上続いていれば問題なく通ります。
もちろん正社員のほうが通りやすいですが、契約社員やパートでも通ります。
学生の場合は親、主婦の場合は配偶者の収入で審査できます。
資産という点では、居住形態などから確認されます。
1年以上同じ場所に住んでいるほうが通りやすいでしょう。


申し込み用紙の書き方


審査といってもほとんどは機械的な確認作業になるので、厳しいことはありません。
信用という点でも、申込書の欄はできるだけ埋め、絶対に虚偽はやめましょう。
怪しい場合は、直接勤務先に連絡が行くこともあります。
ウソがばれたらカードは作れません。
スーパーやコンビニなどの主婦向けのカードは比較的審査基準が低くなります。
利用する客層に合わせた基準になっているのですね。
学生の場合は、利用限度額が低めに設定されるときもあります。

 

 

 

クレジットカードの審査に受かるために

 

クレジットカードを何枚も持っている私


クレジットカードというと、持つのが大変と思われたり、審査で落ちたりどんな審査をするか不安だと思われる方も多くいらっしゃると思います。
確かに知らないとこで知らないうちに色々と調べられてるんですから、少しは不安や抵抗があるのは当たり前のことですよね。
でもそんなクレジットカードをはじめローンカード、消費者金融カードも何枚も持っている私のような人間もいます。
自分で申し込むと自分に報酬が入るというキャッシュバックなどで、今まで何十枚も作ってきました。
そこで今までの経験上からわかったことや思ったことで、クレジットカードの審査に受かるために一番必要なこと、注意すること2点あげてみます。


勤務先が世間体的にいいかどうかが大きい


私の経験上、この勤務先というのが一番大きな割合を占めていると思います。
私は勤務先に恵まれていて、大手旅客業会社の子会社に勤務しています。
ただ別に高学歴でも日本中知っている企業というわけでもありません。
中途でも余裕で入社できるような企業です。
将来性や安定性が見える企業のほうが、受かりやすいのは断言できるでしょう。
ちなみに、新築を立てるときも、入社1年で数千万円の家を買ってしまいました。
それだけ、勤務先というのは重要なのだと思います。


何枚も続けて申し込みしない


申し込みブラックというものがあるらしいですが、短期間に何枚ものクレジットカードに申し込むと、申し込みすぎで審査に落ちることがあるそうです。
キャッシュバックなどで作る人は注意していると思いますが、2〜3枚申し込んだらその後は半年くらいあけたほうが無難だということです。


お金のことについて正しい考えを持つ


勤務先に恵まれていて、常識的な生き方をしている人なら、おそらくスムーズに審査は通ると思います。
あとは、お金を使うということについての考え方ですね。
つまり金融事故を起こしたことが無い、おこさない、ということが大事です。
金融事故を起こしたことがある場合は、かなり厳しくなるでしょうし、作ってからも金融事故などのトラブルは絶対に起こさない等のしっかりした考え方を持つことが、クレジットカードのどの金融会社から信頼される一番の生き方なのだと思います。

 

 

 

クレジットカードの審査で注意すべきこと

 

ネット完結で契約までが1時間程度のクレジットカードもある


インターネット回線だけでなく、パソコンやスマートフォンが家庭や個人にも普及したおかげで、ネット上で簡単に手続きできることが増えてきました。
クレジットカードの申し込みもその1つで、契約までの一連の流れがネット完結できるようになり、比較的短期間に入手できるようになっています。
ネット完結のみで対応するカード会社の中には、休日や祭日であっても、審査が数分〜30分程度で済み、契約までに1時間程度しかかからないカードも見られるようになりました。


ネットで申し込んだ方が審査が甘いのか


ネット完結のみで対応するクレジットカードの書類の提出は、スキャナーか写真画像を送信して行われることが多いです。
ただ、信用情報機関に他のクレジットやローンの契約や返済履歴がある場合は、運転免許証などの発行番号を入力すると、履歴を照会して確認ができることがあります。
規定額以上のキャッシング枠をつける場合には、収入を証明する書類を提出するように義務付けている会社もあることから、特に基準が甘いという訳ではないと考えられます。


機械を使って審査をしていることも


ただ、発行元では顧客の利便性を考えて、スピード発行をするように心がけている場合があります。
ネット申し込みの際には、フォームに必要な個人情報を入力して送信し、手続きをしますが、年齢や職業、年収、クレジットカードの利用歴などの項目を絞って、同じような属性の人が、どのようなカードの利用をするか機械的に審査をして、特に問題がないと考えられれば契約をし、発行をしているところもあります。
ただし、発行までのスピードが速くても、信用情報機関に頻繁に途上与信をして、中途審査をしている会社が多いため、加入してから本当の審査が始まると考えて、計画的に利用し、期日を守って返済するように心がけた方がいいでしょう。


クレジットカードの審査に通るには


クレジットカードで重視されるのは、カード会社に立て替え払いしてもらったお金をきちんと返済できるかという点で、本人や配偶者に安定的な収入があるかどうかということになります。
一般カードで、特に条件などが明記されていないなら、無職や債務整理してから一定期間経っていないなどの事情がない限りは特に問題ないでしょう。
しかし、収入面で心配な場合は、可能な場合には、目的をショッピング利用のみとするか、キャッシング枠を0にして申し込みをすると通りやすくなります。

 

 

 

クレジットカードの審査に通る為には

 

まずは本人確認をします


クレジットカードを作る場合、まずは本人確認をします。
店頭でカードを申し込みをするならその場で身分証明書を提示したり、インターネットの場合なら身分証明書の画像を業者にまで送信をするのです。
この時に自分の本名や住所、生年月日が正しくなければ申し込むことが出来ません。
結婚や離婚をすると自分の名前が変わりますが、その時に本人確認書類に記載されている名前が以前の苗字である場合は戸籍を添付しなければなりません。
引っ越しをしてからすぐに申し込みをすると住所変更がまだ出来ていないことがありますが、そんな時は住民票が必要なので用意しておくようにしましょう。


無職や高齢者だと借入出来ないこともある


ちなみにカードローンの申し込みは現在無職の方や高齢者の方だと借入が出来なかったりします。
業者によっては働いていない方や70才以上の方だと融資を受けられないという制約が設けられているのですが、もし制約によって申し込められないのであれば違う業者のカードローンに申し込みをしましょう。
業者によっては年収や年齢は関係なく申し込めるところがありますし、数分で審査を終えるぐらいスピーディーなところもあります。


ショッピング系の会社は審査に通りやすい


百貨店やコンビニ、スーパーマーケットなどの会社が提供しているカードであると、年齢不問や職業が関係ないことが多いです。
スーパーマーケットや百貨店に行くとカードを作成しないかと勧誘されることがありますが、そんな時にカードを作ることが出来なければ嫌な思いをしてしまうでしょう。
しかしカードの申し込みで断られることが無ければ、気持ちよく再び買い物が出来ます。


勧誘に乗ってみると良いです


スーパーマーケットや百貨店でクレジットカードを作成した場合、買い物をするとポイントが付与されたり、商品の購入を次回した際に割引が受けられるといった特典があります。
ショッピング系クレジットカードの審査は比較的通りやすいため、余程借金が無ければ基本的に申し込みが出来ます。
もし他の業者でクレジットカードの審査が通らなかったのなら、ショッピング系のクレジットカードに注目してみると良いかもしれません。

 

 

 

クレジットカードの利用と審査

 

クレジットカードの審査で調べられる物


クレジットカードの発行の時には審査がまず行われます。
そこではその人にカードを発行しても、本当にカード決済した分の支払いをする事が出来るのかどうかという事が調べられます。
その場合に利用するのが個人信用情報機関です。
そこにある情報をもとにして、まずはその人に融資しても良いかどうかという事を判断します。


その人の状況を調べる


クレジットカードを利用する場合、先に商品やサービスの料金をカード会社が立て替えた状態になります。
カードの所有者はその後、カード会社の方からの請求に従って支払ったり、指定した口座から自動的に引き落として貰う仕組みとなっています。
その人に安定した収入があるかどうか、雇用状況は安定しているか、結婚しているかどうか、他社借入件数は何件かと言った事等も調べ、その結果カードを発行しても良いかを判断する仕組みです。


クレジットカードは借入と同じ様な物


クレジットカードはカード会社に支払いを立て替えてもらっているので、実はお金を貸してもらっている状態に似ています。
そのため、誰でも利用する事が出来る訳ではなく、審査結果によってカードが発行できるかどうかという事が判断されます。
その為、個人の事を良く調べる事になりますが、そこで調べられる内容としては年収や雇用形態だけでなく、持ち家かどうかという事も重視されるのです。
一見無関係に見えるかもしれませんが、配偶者がいるという事は変わりに収入を得てもらう事が出来るという事になるし、持ち家があるという事は支払いが出来ない時にそれを売却して支払に充てる事が出来る為、これらも重視される条件となっています。


カード会社によって審査の甘さが違う


甘い、と言う風に表現してしまうとどうしても利用しやすいように見えてしまいますが、実際にカード会社では審査の通りやすさと言う事は違っています。
その理由がスコアリングの違いです。
スコアリングとはそれぞれの審査内容を点数化して自動的に計算をする事ですが、その基準となっている点数が各社で違っているため、利用しやすい所とそうではないところに分かれます。

 

 

 

クレジットカードを利用したい方必見

 

審査方法


クレジットカードの申し込みは、インターネットでも気軽に行うことが可能です。
WEBで申し込みを行う場合、入力フォームに必要事項を入力するだけなのでストレスがありません。
30項目ほどの申告の他に本人確認が必要になります。
申し込み時にチェックしているのが、利用者本人の性格や返済能力、資産や財産などです。
申込者の職業や年収、勤続年数だけでなく、住居形態などもチェックされます。
各項目に点数が設定されており、客観的に評価されています。


性格も見られています


職業で高い評価を受けているのが公務員です。
勤続年数は、10年以上であるとベストです。
さらに持ち家の方の場合、審査が通りやすいという特徴があります。
店舗で実際に申し込みを行う場合、職業や年収などの情報だけでなく人柄や態度、言葉遣いなどもチェックされています。
その為、店舗に足を運ぶ際には、服装や言葉づかいなどにも気をつけることをおすすめします。


審査の重要点


クレジットカードの審査のなかでも最も重要なのが、返済能力があるかどうかという点です。
利用者に返済能力がないと貸し倒れが発生してしまうこともある為、利用者の職業や年収などは重要な審査基準と言えるでしょう。
また、返済能力が高い方であってもお金にルーズな方や自分に甘い性格の方の場合、クレジットカードの審査が通らないこともあります。
申込書やWEB上の入力フォームで申告する際には全て自己申告となるので、自己申告や借入額が一致していなければルーズな性格と見られてしまうので注意しましょう。


おすすめのクレジットカード


住居形態や住居年数もクレジットカード発行を実現する重要なポイントです。
住居年数が長く持家である場合、高めの評価をもらうことができるので審査が通りやすくなります。
現在、利用しやすいおすすめのクレジットカードが数多くあります。
それぞれメリットに違いがあるので、事前に比較してみることをおすすめします。
通販サイトを利用することでポイントが溜まるものや年会費が永年無料のものもあるのでお得に利用できるのもメリットです。

 

 

 

クレジットカードが作れるか

 

よく使う店が良い


クレジットカードを持っているととても便利です。
買い物で、財布にあまりお金が入っていなかったとしても、カードで支払うことができます。
しかも、使えば使うほどポイントがたまることが多いので、ポイントを使ってお得に買い物ができることもあります。
自分がよく使うお店でポイントがためられるとよりお得に買い物ができるようになるので、節約にもなります。
だから、1枚作ろうと思ったら一番よく行くお店にクレジットカードがないかを調べると良いでしょう。


必ずしも作れるわけではない


とても便利なので、申し込もうと思うでしょう。
誰にでも作れるというわけではないので、申し込んでも拒否されることもあります。
審査に通らないといけないのですが、この基準が会社によってかなり違います。
作りやすい会社もあれば、かなり厳しい会社もあります。
年会費無料や入会費無料といううたい文句を聞くと、作りたくなるかもしれませんが、そのような会社でももちろん審査がありますし、拒否されることも決して珍しくはありません。


どんな人が作りやすいか


とても便利とはいえ、クレジットカードは信用が必要です。
料金を後払いするわけですから、信用のある人でないと作ってもらえません。
では、どんな人が作りやすいのでしょうか。
収入が安定している人のほうが優遇されます。
医者や弁護士は有利と言われるのはこのためです。
また、公務員も作りやすいと言われています。
会社員も収入が比較的安定しているので作りやすいでしょう。
毎月、決まった収入ではない人は拒否される可能性が高いでしょう。


拒否される条件は他にもある


いくら収入が安定している職業であっても、過去に支払い遅延がある場合は、審査に通らない可能性があります。
キャッシングや他社のクレジットカードで支払い遅延などがあれば、難しくなります。
ただし、かなり前のことでその後はきちんと支払い続けていれば審査に通るようになるでしょう。
多くの人が持っているとはいえ、誰でも簡単に作れるとは限らないので、審査のことまで考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

よく利用するところを選ぼう

 

手持ちがない時は特に便利


現金での支払は分かりやすくて良いのですが、何かあった時にクレジットカードを持っていると便利です。
特に何か急に買い物しなければならないものを思い出した時に、近くに銀行のATMがない事もあるかもしれません。
そのような時にクレジットカードを持っていれば、手持ちがないとしても買い物をする事ができるのです。
しかも1回払いにしておくと、手数料などは一切かからずに欲しかったものを買えます。


よく行くお店がお勧め


新しく作る為に審査を受ける事を考えた時には、よく利用するお店で出しているクレジットカードがお勧めです。
そのお店のものを持っているというだけで、買い物料金から割引してもらえる事もあります。
この他にポイントがつくのですが、それも優待される事があるのです。
あまり行く事のない関係が薄いお店で作ってしまうよりも、週に何回か行くようなお店で作った方がその方にとってお得です。


年収がない専業主婦も作れるものもある


審査をされる時に年収なども見られてしまいますが、大手スーパーなどであれば専業主婦の方でもクレジットカードを作る事ができます。
それは利用するお客様がほとんど専業主婦という事もあるので、信用できる方だと見なされれば、そこまでショッピング枠は大きくないものの審査は通過させる事ができるでしょう。
毎回そのスーパーの買い物の時に利用する事で、割引を受けたりポイントも倍以上にして貯める事が可能になってきます。


即日発行してもらえる場合もあり


審査に時間がかかる場合もあるのですが、中には早ければ即日発行してくれるようなところもあります。
よく行くお店の店頭で申込みをする事で、即日発行してくれるのです。
するとその日にクレジットカードを利用する事でお得になるプランがある時も、そのまま作って利用をする事ができます。
お得に買い物ができる為、助かる場合もあるでしょう。
まずはよく自分が行くお店を絞って、よりポイントの面などお得になるかを比べてみるのがオススメです。
そしてここが良いというところが決まったら、審査を受けてみましょう。

審査が甘い(ゆるい)通りやすいクレジットカードを逃すな

審査に通りやすいクレジットカードを逃すな

 

本人確認書類と申込書類の記載は一致していますか


クレジットカードの作成にあたっては、必ず本人確認が行われます。
店頭申込なら提示、電話やネットの場合は画像を送信したり、FAXでの送信やコピーを郵送する形になります。
この際、氏名と生年月日、住所が申込書記載の内容と一致していないといけません。
結婚や離婚などで姓が変わっているのに本人確認書類が変更されていないケースには戸籍等の添付も必要になったり、引越しなどで住所変更が間に合っていない場合には公共料金の領収書や住民票などの提出も必要になることがありますので、必要な書類を事前に確認しておきましょう。


申し込むカードの種類により年収に関係なく審査に通ることも


カードローンの場合、働いていない方や年齢が高い方は借りられない場合があります。
審査が通る、通らないの以前に貸し付け条件で無職の人や年金生活者や70歳以降の人は申し込めないなどの制約が設けられていることも少なくありません。
ですが、クレジットカードではカード会社やカードの種類によって、年齢にかかわらず、年収もかかわらず申し込みができ、その場でわずか1分ほどで審査に通ることもあります。


審査に通りやすいクレジットカードの代表例


特にショッピング系の会社、たとえば、百貨店やスーパー、コンビニなどで提供するカードなどやサービス利用を促進しているお客様商売の業者にこのケースが多いです。
お客様の買い物やサービス利用の促進を図るためにクレジットカード会員への入会を勧めておきながら、断られて嫌な思いをし、二度と利用しなくなるといったトラブルを避けたいためです。


店員さんには判断ができないからこそ


レジなどでショップの店員さんが、この場で作れば今回のお買い物からポイントが付きますとか、割引が受けられますと勧誘された経験がある方も多いのではないでしょうか。
店員さんからすれば、その方に信用能力があるかは判断できませんので、不公平のないよう、あらゆる人に声をかけてきます。
店員さんに声をかけられたのに審査が通らなかったという不具合を避けるため、無職で借金だらけなど、よほどの問題がない限り、審査に通ります。
そのため、他で断られた経験のある方は、レジでの声掛けを逃さず、勧誘に乗ってみましょう。

 

 

 

審査緩めのクレジットカードが出てきた理由

 

クレジットカードの発行


かつてはクレジットカードといえばカード会社が発行するものであり、他の会社や業種が発行するものではありませんでした。
それが、銀行がカード会社と提携し、引き落とし口座に指定してもらうなどの恩恵を受けるために発行するようになり、さらにはデパートや航空会社など、利用代金が高額になるようなところが自社のカードを発行するようになってきました。
少額の買い物の場合はサインがいらないようにするなど、カード利用の利便性が向上してきたのもこのころです。


会社に直結


少額の買い物のサインレスに伴い、スーパーマーケットやドラッグストア、コンビニエンスストアなどの身近な店での利用が便利になるにつれて、会社直結のカードの発行が爆発的に増えました。
どこも自社で利用してくれた場合にはポイント還元を多くしたり、付帯サービスが増えたりといった工夫を凝らしているので、利用する頻度がもっとも多い店の発行カードがお得になるということがわかってきました。


審査も気になる


こうした特定の店に直結したカードからは、審査が比較的緩めのものも出てきました。
これまでクレジットカード会社にカードを作りたいとして申し込んだものの、自営業であるとか、毎月一定額の収入があるわけではなく収入にばらつきがあるといった人は審査ではねられてしまっていましたが、そうした人でも申し込めて、しかも短時間で審査が行われ、さらに発行が可能という返答をもらえるようになったのです。
これでめでたくクレジットカードを手に入れられた人たちが、ネット上でその結果を口コミするようにもなりました。


手に入れやすいカード


情報収集の手段としてインターネットが確立すると、どのクレジットカードの審査が緩いかという情報も多くなり、それを元に申し込む人が増えました。
一枚持っていれば、ショッピングにキャッシングにと便利に使えるものだけに、また、社会人としてのステイタスを示すためにも一枚は持っていたいところです。
手に入れることができれば、審査が緩いかどうかはそう簡単にわかるものではありませんので、最初から緩めのところを選んで申し込むのが手間を省くことにもなるでしょう。

 

 

 

一枚は持っていたいクレジットカード

 

クレジットカードで決済


インターネットの普及によって、多くの商品がインターネットサイトで買えるようになりました。
インターネットショッピングのメリットは、店舗で購入するよりも安い値段で買えること、さらには宅配をしてくれるので、重いものやかさばるものも自宅の玄関まで運んでもらえて買い物がラクだということです。
しかも、思い立ったらたとえ真夜中でも買い物ができてしまうあたり、忙しくて時間がないという人にぴったりのショッピング方法です。
そんなインターネットショッピングの決済は、クレジットカードが便利です。


クレジットカードを持つには


実はインターネットショッピングサイトの多くは、自社のサイトで買い物をしてもらった際の決済に使ってもらうのを目的に、お得な特典をつけたクレジットカードを発行しています。
このカードを持ってもらうことによって、自社での買い物を促すことが可能になるほか、ポイント還元でよりたくさん買ってもらえるようになるからです。
そのため、すでに買い物の利用履歴がある人がクレジットカードを申し込んだ場合、収入が少なくても比較的審査が緩く、カードを発行してもらいやすいという傾向があります。


収入が少ない人も持ちたい


今やインターネットショッピングの決済は、ほとんどがクレジットカードになっています。
これなら、もし仮に利用した当人に払う能力がなくても、カード会社が先にたて替えて払ってくれますから、お店としては絶対に未収金が発生することがないからです。
そのため、便利でお得なインターネットショッピングを楽しみたいなら、最低1枚は持っていないと逆に何かと不便になりますし、お得な買い物ができなくなります。


一枚あれば大丈夫


最近では年会費無料というカードがほとんどで、さまざまなところでカードを発行してもらっても年会費の負担がなくなりました。
ただし、仕事をしていることが必須条件というカード会社も多くありますので、申し込めばすべて手に入れられるわけではありません。
とはいえ、クレジットカードは一枚あれば十分便利に利用できますので、審査の緩めなところを狙い、まずは一枚のカードを手に入れることを考えるのがいいでしょう。